« 何をしてもいい自由 | トップページ | アクティブ・ラーニング »

2012年4月23日 (月)

何もしなくていい自由


我が国の人口の年齢構成は大きく変化してきており、一般に「働き手」とされる生産年齢人口(15~64歳人口)は、1995年をピークに減少に転じ、今後更に減少していくことが見込まれています。現在、65歳以上の人口は、総人口の四分の一ですが、それが2025年からどんどん加速し、2034年には三分の一になるというのです。

高齢者たちを支える現役世代の数が減るので、年金や健康保険制度が崩れるという、危惧が現実になっています。いまの若者や現役世代にとって、この高齢化社会は、どのように映っているのでしょうか?学生時代から現役時代を経て、退職後に第二の人生を歩む道が待っているのには違いがないのですが、会社や組織の庇護から離れたとき、現役時代の生き様により、方向は変わってくると思います。

やっと組織の縛りから解放されて、現役時代に出来なかったことを実現しょうとする人にとっては、まさに「何をしてもいい自由」の境地に入ってくるのです。それと対極にあるのが「何もしなくていい自由」です。夢を叶えるのでもなく、新しいことに挑戦しないで、日々あるがままに過ごす人の多いのが現実です。

いまの老人の方にいいたいのは、第二の人生のスタートだから、もっとワクワクするような生き方をしてほしいことです。人生50年といわれた時代は過ぎて、平均寿命が、政府統計資料によれば、男は80歳、女は86歳超です。

赤富士などで名高い浮世絵師・葛飾北斎は、92歳まで生き、大変なエネルギーでさまざまな分野で創作活動を行って大きな業績を残しました。江戸時代に高い志を持ち続け、初めて正確な日本地図を完成させた伊能忠敬も、56歳から測量を始めたといいます。

松尾芭蕉の歩いた奥の細道は2,000キロ超で、最晩年には、「奥の細道」に匹敵する中国・九州地方の歌枕を訪ねる長旅を計画しつつあったといわれます。辞世の句として知られる、「旅に病んで 夢は枯れ野を かけめぐる」は、死ぬ間際まで、夢を追いかけていた証ではないでしょうか。

いまの若者や現役世代の人にとっても、高い志をもって、その実現に向けて、夢を追い続けてほしいものです。

|

« 何をしてもいい自由 | トップページ | アクティブ・ラーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/54537929

この記事へのトラックバック一覧です: 何もしなくていい自由:

« 何をしてもいい自由 | トップページ | アクティブ・ラーニング »