« 東大の秋入学 | トップページ | 新人マナー研修 »

2012年4月 2日 (月)

採用異変

今年も新卒社員が入社してきました。採用担当者によると、来春の新卒採用では活動期間が短縮し、大学の秋入学をにらんだ採用時期の多様化という難題に直面しているようです。経団連の倫理憲章意見見直しで、学業に専念できるよう、企業の採用広報活動の解禁が例年より2カ月遅い12月になるのですが、面接など選考活動は従来通り4月開始だからです。

また、経済同友会の提言によると、東京大が表明した秋入学への移行を支援する多ため「現行の新卒一括採用にこだわらず採用手法を多様化すべきだ」とのこと。通年採用を標榜する企業が増える中、弊社が一括採用にこだわってきたのも「大勢の新人をまとめて研修できるメリットが大きい」からです。

確かに、大学の秋入学移行や通年採用は時代の流れです。グローバな人材を育成するため、企業が外国人採用を加速するのには、日本人だけで事業のグローバル化を担えない現状の裏返しかも知れません。ただ、外国人のように日頃から英語を話しているわけでもなく、企業経営者の海外経験の少なさや社員の多様化の乏しさにも問題があるのではないでしょうか?

昨年の経団連の企業を対象とした「新卒選考で重視される能力」の調査(複数回答)では「コミュニケーション能力」80.2%、主体性62.1%、協調性55.0%がトップ3です。この傾向は、ここ数年変わっていないのですが、これをクリアする就活ノウハウだけ学んでも、活躍できるとは限りません。入社しても、外国人に伍して活躍できるよう、卒業までにキャリアを形成する力が必要だと思います。

|

« 東大の秋入学 | トップページ | 新人マナー研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/54367333

この記事へのトラックバック一覧です: 採用異変:

« 東大の秋入学 | トップページ | 新人マナー研修 »