« 社員のソーシャルメディア使用 | トップページ | 採用異変 »

2012年3月26日 (月)

東大の秋入学

東京大学が従来の4月入学を全廃し、海外で主流となっている秋入学へ全面移行するとした素案を発表、他の大学にも同調を呼びかけています。ただ、秋入学が実現しても高校卒業は秋のままで、入学までの半年の「ギャップターム(欧米では【ギャップイヤー】という)」が生じることになります。その間の過ごし方が新たな問題として浮上して来ていますが、大学卒業から就職までの間にも空白期間が生じる可能性があります。

この空白期間は、単なる「空白」というのではなく、入学前・入社前の準備期間として、スキルの研鑽、ボランティアや国内外留学、企業インターンなどの経験を積ませるといったことが考えられますが、最近の議論をみていると、そのお膳立てや費用の負担を、大学がするのか、企業がするのか、やれ個人の自主性に任せるべきとか、多岐にわたっています。

とはいっても、この提案に対して真っ向からの反対意見が少ないのは、いまの社会の人材育成のあり方や大学、教育の現状に満足できず、この秋入学には、そういった停滞感がある現実を何とかしたいという思いが、関係者の根底にあるのではないでしょうか。事実、素案を見る限り、社会を変えていくこともにらんだ秋入学を提案していることは間違いないと思います。

その後の記者懇談会でも、東京大の浜田総長は、秋入学の提案した原点を「国際競争が強化され、グローバル人材が求められる中、若い人が10年後しっかりやっていけるだろうか。海外の人との競争、強調して活躍できるだろうか、というところにある」と話されていました。

入学前、入社前に、「空白期間」を活用できるなら、いま日本の学生に不足しているといわれる「自分で課題を見つけて解決するする能力」を育み、人材の多様性も生まれることでしょう。ただ、ギャップタームをどう過ごすかということにとらわれすぎると、問題の本質を見失う可能性があり、これによってどんな社会像を描くのか、というところまで考えた方がよいと思います。

|

« 社員のソーシャルメディア使用 | トップページ | 採用異変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/54309347

この記事へのトラックバック一覧です: 東大の秋入学:

« 社員のソーシャルメディア使用 | トップページ | 採用異変 »