« ベテランすぎる講師 | トップページ | 少年よ、大志を抱け »

2012年1月30日 (月)

価値観の違い?

価値観とは、辞書では「物事を評価する際に基準とする、何にどういう価値を認めるかという判断」とあります。よく、芸能人の離婚会見で、「価値観の違いを埋められなかったので、離婚します」というのがあります。個人個人が異なる価値観を持っているのは、当たり前で、当初は、その違いが新鮮で仲良くなったはずです。

仕事で、相手の主張を、どんなに詳しく説明してもらっても理解できないとき、価値観の違いを感じることがあります。また、いくら議論しても意見が一致しないとき、その理由を「価値観が違うから」と結論付けることもあります。こうした「価値観の違い」は、目くじら立てて議論するよりも、相手との付き合いを考えれば、そっとしておきたいものです。

私たちが関わる研修でも、ベテランの講師の先生に、講師と受講生の「価値観の違い」を指摘すべきか、迷うことがあります。前に、「昭和的価値観」の講師の先生と、ゆとり教育世代の「平成的価値観」の違いを書いたことがありますが、それこそ「価値観の違いを埋められなかったので」この先は、ご遠慮願うことになりかねません。

お年を召した偉い先生ほど、「価値観の違い」を指摘しても聞く耳をお持ちになりません。相手のいうことを受け入れることは、自分を否定されることだと思っておられるからです。
たとえば、「主婦ネタをお使いになるのは結構ですが、それを業務に置き換えてください」といっても、「身近な例の方が、理解がしやすい」といって受け入れてくれません。

いいえ、最近の若者は、「応用力が乏しい人が多いので、仕事に置き換えていただかないと、イメージできないのです」とまで言ったところで、「だから、理解できるように、身近な主婦ネタをつかっているのだ」と、わけのわからないことをおっしゃいます。なぜ、「応用力が乏しいのか」を説明して差しあげても同じことでしょうね。

|

« ベテランすぎる講師 | トップページ | 少年よ、大志を抱け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/53857714

この記事へのトラックバック一覧です: 価値観の違い?:

« ベテランすぎる講師 | トップページ | 少年よ、大志を抱け »