« 話し方と伝え方 | トップページ | My手帳 »

2011年11月28日 (月)

上手過ぎる講師

あなたにとって「上手な講師」とは、どのような先生ですか?もちろん会社が求める研修要件によって異なりますが、ふつう言われているのは、「教え方が上手い」、「気づきを与えてくれる」、「打合せどおりの内容ですすめてくれる」といったところでしょうか?

「教え方が上手い」というのは、最初のつかみから最後の落としどころまで、受講生を巻き込んで、スキルなどを習得させることができる方です。もっともプログラムがよいことが第一ですが、講師のキャラも大いに影響します。受講生目線になれる先生はいいのですが、講師目線で話される方は、受講生の反応が見えていないので、「教える」ことはできても「伝える」ことが出来ません。

単なる「スキルを教えるだけ」でなく、「マインド」というか、明日から行動変容を促すことができると、「上手な講師」と言われます。ただ、勘違いしてほしくないのは、研修が終わった時点で「いい話を聞いた」「気づきや学びを得られた」というアンケートがあったとしても、それは、そのあとの行動変容につながるかどうか、分からないのです。

「打合せどおりの内容ですすめてくれる」というのは、今回の「研修でのねらい」を全うしていただけたかどうかです。私たちが依頼する研修は、対象となる受講生の「現状」を、この研修を通じて「変革」しようとしているのです。「なぜ、この研修があるのか」、「学んだことを現場ですぐに役立てる」ことを押さえて、スキルを習得していだく必要があるのです。

なのに、自分のプログラムや教え方に「自分で酔って」おられるのか、こちらの要件どおりにやってもらえない時があります。先生に確かめると、「いや、やろうとしたのですが、受講生の反応を見ていると、興味を示さなかったので、もとどおり自分の流れに代えました。」といわれるのです。受講生の反応が悪いというなら、なぜそうなのか考えて、違う伝え方を試みてほしいです。自分で「行動変容」ができない先生に、受講生の行動変容を求めるのが無理と、いうことでしょうか。

いくら講師の先生がコースマネジメントに長けていても、勝手に自分の世界で研修をされて、自己満足されても困ります。ただ、このような先生は、本当に演習を含めて講義の仕方がお上手なので、一見、受講生受けをします。時には、私たちの本来の「研修のねらい」をわすれさせるほど、上手にまとめあげます。そう、ごまかしが見えなくできるほど、「上手過ぎる」のです。

|

« 話し方と伝え方 | トップページ | My手帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/53351152

この記事へのトラックバック一覧です: 上手過ぎる講師:

« 話し方と伝え方 | トップページ | My手帳 »