« 感動したい人、感動を与えたい人 | トップページ | 自己啓発 »

2011年10月24日 (月)

管理職の理想像

「人によって態度を変える」、「業務知識が乏しい」、「口だけで行動がない」、「決断、判断力がない」、「人の話を聞かない」、「部下を見下す」、「口の聞き方が悪い」、「責任をとらない」、「クレームがあっても助けてくれない」、「社員のことを守らない」、「自分や自分グループのことしか考えない」。

これを読んで、みなさんはどうお考えですか?もちろん、あなた自身のことではありません。これは、異業種で同じ研修担当をしている友だちから聞いた「管理職候補」たちの研修会での話です。グループワークで何班かに分かれ「理想の管理者像」をまとめてもらう前に、「私は、こんな管理職になりたくない!」というテーマで感じたまま箇条書きにしてもらったある斑の回答だそうです。

研修の手法としては、「こんな管理職になりたくない」から、では、「どのような管理職になりたいか」管理職の理想像を導き出そうとするものです。それにしてもずいぶん厳しい目でとらえられていて、ある意味、ひ弱な彼らが頼りたいのに頼れない、いまの管理職の実態が浮き彫りにされています。

彼の話では、恥ずかしながら、他の斑も、似たり寄ったりの内容で、日ごろ、彼らが管理職の行動をよく観察している様子が伺えると言います。中でも、一番いやな項目はというと、どのグループも共通していて、「責任をとらない」、「いざとなると逃げる」管理職だそうです。

もちろん、そのあとの「理想の管理職像」では、直属の上司や、周りの上司、お客様の会社の上司のいいところを見て来た結果の集合体になっていると思います。でも、こうして「嫌な上司像」をあぶり出す手法がとられたとき、あなたの会社の管理職は大丈夫でしょうか。

|

« 感動したい人、感動を与えたい人 | トップページ | 自己啓発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/53067568

この記事へのトラックバック一覧です: 管理職の理想像:

« 感動したい人、感動を与えたい人 | トップページ | 自己啓発 »