« がんばろう!日本 | トップページ | 想定内と想定外 »

2011年9月26日 (月)

PREP法

学生の頃に「演繹法」と「帰納法」というのを習ったと思います。演繹法とは、結論を先に言う表現方法で帰納法とは結論を最後に言う方法です。プレゼンテーションでも表現手法といわれるものがあり、プレゼンテーション研修の構成の仕方の部分で出てきます。
それは、PREP法といわれるもので、Point(要点)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(要約)の頭文字を取ったものです。PREP法では、「先に結論を述べて、次にその理由と理由を確証づける客観的な事例を述べ、最後に要点を繰り返す」という構成になっています。結論が先に来て、最後にもう一度、結論を繰り返すことで、要点が相手に伝わりやすい会話術、文章構成の方法になっています。
「演繹法」と申し上げたのは、論理思考で習うロジックツリーと同じで、伝えたいメッセージ(P)が最初にあり、その論拠(R)として「なぜならば」と理由を3つ程度述べて、さらに、その理由の具体例(E)を「なぜならば」と提示して説得するからです。
実際のプレゼンテーションを行う場合は、企画書やプレゼン資料を作って行うものですから資料をシナリオとして構成し、それにのっとった形で進めていけば良いのですが、企画内容だけを重視して全体のストーリーを無視してしまうケースも見受けられるので、プレゼンテーションの流れとして、このPREP法を頭に入れておきたいものです。
私たちのプレゼンテーション研修は、どちらかというとデリバリー(伝え方、見せ方)に重点を置いて来ました。一応、プレゼンテーション内容の構成のところでPREP法にも触れますが、講師の先生も、受講者も、内容はともかく、見栄えを気にします。この前、発表の演習をPREP法で、時間を掛けてやってもらったのですが、まともにPREP法でやれたのは、30人中、5~6人といった程度です。
「論理の神様」小野田さんの著書「論理的に話す方法」によると、日本人(この場合大学生)に「列車と車、どちらでの移動が好きですか?」と聞くと、「列車。」「車。」といった具合に、結論(P)だけをムスッと、ぶっきらぼうに答える人が多いのに、アメリカ人の高校生に同じ質問をすると、主張(P)のあとに、必ず論拠(R)がくるというのです。
(アメリカ女子高校生の返事)
列車よ。(Point)
窓から外の景色をゆっくり見れるから。(Reason)
中学の時からずっと列車で通学で、いつも窓の外を見ているのが楽しかったなあ。(Example)
うん、だから絶対に列車ね!(Point)
日本人は、子供ころから、このように話す訓練を受けてこなかったから、で済まされる問題でしょうか?

|

« がんばろう!日本 | トップページ | 想定内と想定外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/52830988

この記事へのトラックバック一覧です: PREP法:

« がんばろう!日本 | トップページ | 想定内と想定外 »