« マナー違反と思考停止 | トップページ | 自利利他と自利他利 »

2011年8月29日 (月)

ワークライフバランス

ワークライフバランスは、仕事と生活を共存させながら、持っている能力をフルに発揮し、それぞれが望む人生を生きることを目指します。企業がワークライフバランスに取り組む目的は、社員が働きながらでも仕事以外の責任や要望を果たせる環境を提供することにより、能力を最大限発揮し、会社に貢献してもらうこと。

ところが、「ワークライフバランス」という言葉や考え方は、まだまだ多くの人に認知されているとは言えないのが現状です。内閣府が2008年6月に行った「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する特別世論調査」では、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の認知度として、「名前も内容も知っている」:9.8%、「名前は聞いたことがあるが、内容までは知らない」:26.6%となっており、「名前も内容も知らない」人が半数以上(60.1%)であることが分かりました!

弊社でもフレックスタイムや短時間労働制の導入で、このワークライフバランスの推進に協力しているのですが、まだまだ「ワーカホリック」の人が多く見受けられます。「仕事と生活の調和」といわれても、いざ、抱えている仕事を前にして、現実は仕事中心にならざるを得ないのではないでしょうか?

思うに「ワークライフバランス」=「仕事と生活の調和」という抽象的な意訳が問題であり、現実的な表現で「ワークライフバランス」=「労働と私生活の(適度な)バランス」とか「私生活を犠牲にしない働き方の実現を目指すキャッチフレーズ」と云った方が分かりやすいはずです。「仕事とはどういうものか」と質問されて「一生懸命やるもの」と答える人は「ワーカホリック」で、バランスが取れた人の答えは「仕事とは、効率的にやるものだ」です。

そう、仕事をするために遊ぶ(身体を休める)のか、遊ぶために仕事をする(稼ぐ)のか、の違いなのですが、日常の仕事に追われている状態では、理解できそうにありません。よほど、大きな病気をして、死を覚悟して手術を受ける事態になって初めて、「仕事」「自分(健康、自己啓発)」「人間関係(家族・友だち)」「社会貢献(この世に残したいもの)」をバランスよく考えられるのかも知れません。

|

« マナー違反と思考停止 | トップページ | 自利利他と自利他利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/52591553

この記事へのトラックバック一覧です: ワークライフバランス:

« マナー違反と思考停止 | トップページ | 自利利他と自利他利 »