« 朝の挨拶 | トップページ | 教育の目的意識 »

2011年3月28日 (月)

導入研修と計画停電

今年の新入社員の導入研修ほど、準備手配が後手の状態になったのは珍しいことです。もちろん先の東北・関東大震災の影響は、計り知れないものがあります。あの日から通勤そのものが思うに任せない人が増える中、入社予定者にコンタクトするにも、回線のつながりが良くなく、過ぎゆく時間に焦りを感じながら、悪戦苦闘の毎日でした。他社の研修担当に聞いても、同じような苦労をされていた様子でした。

ある企業の担当者に聞いたことなのですが、入社予定者に研修会を予定通り開催する旨の連絡をとっているとき、この期に及んで、親元を離れることに不安をいだく人もいたようです。学生から社会人になるというのに、何の覚悟も持ち合わせておらず、会社に雇われて働く意味がわかっていないようです。彼にとって福島原発の事故現場で作業する人たちの決死の覚悟はどのように映ったのでしょうか?

また、原発事故の影響で、関東圏では「計画停電」に入っています。研修会場を東京都下の都心から離れた施設で用意されていた会社は、一時は、会場を関西に移そうとされたそうです。ところが大所帯で長期間となるとなかなか借りられるところがなく、泣く泣く停電覚悟で据え置きにしたそうです。もっとも、新宿にある本社の会議室を出来る限り活用することになったのは幸いでした。

停電になると困るのは、プロジェクターを使っての講義が出来ないことです。しかし、プロジェクターがなかった頃は、紙芝居のように画面を何枚も作って用意したものです。それに、研修の場合は、いまでもパワーポイントを使用しない講師の先生もいらっしゃるくらい、紙焼き資料を配布することで用を足すこともできます。それが当たり前の状態から、なにもない状態におかれるのですから何らかの工夫が必要なのです。

停電になったとしても、受講生にとってもいい経験になると思います。被災地で頑張っておられる方のことを思えば、時限的な計画停電など、大したことではなく、むしろ、受講生に、停電になったらどうするなど「考える」時間を与えられる、いい機会になるのではないでしょうか?最近の若者は「考えることが苦手」とおっしゃるなら、この際、大いに考えてもらえばいいと思います。

|

« 朝の挨拶 | トップページ | 教育の目的意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/51233968

この記事へのトラックバック一覧です: 導入研修と計画停電:

« 朝の挨拶 | トップページ | 教育の目的意識 »