« 人材の強化 | トップページ | Yes or No »

2011年2月28日 (月)

高校生のこころの健康意識

最近、財団法人日本青少年研究所から日本、アメリカ、中国、韓国の意識比較での「高校生の心と体の健康に関する調査」結果が発表されました。調査は昨年6~11月、4カ国の高校1~3年に実施されたもので、発表されたサンプル数は日本、アメリカ、中国の約1,110~韓国の約3,900と少ないながら、諸外国と比較することで、日本の子どもたちの特徴をいっそう鮮明に把握することができます。

調査内容は、前年は「高校生の勉強」に関する意欲調査であり、テーマが異なっていますので、経年変化の比較はできないのですが、今年は「身体の健康、こころの健康」で、心の健康では、「情緒とストレス」「自分の性格評価と自己意識」「他者との関連性」で、私の興味を引いたのは、これから大学に進み、就活を始める彼らの「自己評価」と「他者との関わり」でした。

「自己評価」では、アメリカと中国の高校生の自尊感情(自己肯定感)が強いのは、わかるような気がしますが、日本人は「謙遜することが良い」とする面があるにしても、日本の高校生は自己評価があまりにも低すぎる結果がでていました。ちなみに質問に対する回答(数値は「全くそうだ」の比率)をピックアップしました。

「私は価値のある人間だと思う」 アメリカ57.2%、中国42.2%、韓国20.2%に比べ、日本はわずか7.5%
「自分を肯定的に評価するほう」 アメリカ41.2%、中国38.0%、韓国18.9%に比べ、日本はわずか6.2%
「私は自分に満足している」 アメリカ41.6%、中国21.9%、韓国14.9%に比べ、日本はわずか3.9%
「自分が優秀だと思う」 アメリカ58.3%、中国25.7%、韓国10.3%に比べ、日本はわずか4.3%でした。
グローバル人材育成が叫ばれる中、皆さんはこの数字をご覧になって、どう思われますか?

「他者との関わり」でも日本の高校生の肯定率は低い結果が出ています。
「自分の優秀さを親が評価している」 アメリカ91.3%、中国76.6%、韓国64.4%に対し、日本は32.6%に過ぎず、
親が勉強へのアドバイスをすることや生き方を教えることについても、相対的に肯定率が低いとされています。
また、教師との関係も相対的に希薄で、相談しやすさの評価は3割弱で4カ国中最低で、友人関係においても、遊び仲間はいても、「相談できる友だちいるか」という問いに対する肯定率も最低でした。

彼ら高校生だけが他者との関わりが少ないのか、それとも家族や教師、友達以外の組織からの関わりが少ないのか、「日本の高校生は、信頼できる他人や、助けてくれる団体や組織のどちらも肯定率が4カ国中で最低であった。」という現実をここまま捨て置いてよいのでしょうか?

|

« 人材の強化 | トップページ | Yes or No »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/50988947

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生のこころの健康意識:

« 人材の強化 | トップページ | Yes or No »