« 信頼 | トップページ | ゆとり世代への処方箋 »

2010年9月27日 (月)

読書力

PISA2003(OECD学習到達調査)の結果が公表されて以来、学力低下論争が盛んですが、我が国の学力の低下の最大の原因は「読解力の低下」と言われてみても、それをどのようにして向上させるのかとうところまで議論が進んでいないようです。

国語の授業では、「読解力」というのは、同じ読書にしても「深みを目指す読み方」で、一般的な「読書」は「広がりを目指す読み方」と定義付けされていますが、簡単にいうと、「難しい内容の本を理解して読むには読解力が必要」ということだと思います。

しかし、端から読解力がないと本は読めないかというと、そうではなく、読書の習慣さえあれば、繰り返し読んだり、集中力を増して読んだりすることで「読解力」は得られ、日ごろ私たちは自分の読解力にあった読書をしているわけです。本を多く読む人は、知らず知らずに読解力がついてきているのではないでしょうか?

この「読書の習慣」は読書をしようとする力であり「読書力」といえます。最近は「本を読まない人が多い」といわれるなら、この「読書力」が低下していると言えないでしょうか?優れた読解力の持ち主であっても読書に関心を持たない人、自ら読もうとする意欲のない人は読書しません。それは読書に興味がないというより、読書から得られる知識、受ける感動の経験がないからなのでしょう。

ところで皆さんは幼いころ、お母さんに抱きかかえられて絵本を読んでもらった経験がありますか?ピアノやバイオリンなど、出来るだけ早い時期から始めるのがよいとされますが、「三つ子の魂百まで」の例え通り、読書の対する興味もこのころ生まれ、それが習慣になることで読書力が付いてくるのだと思います。

読書力が上がるということは、知識が豊富になると同時に読解力がついてきます。プレゼンテーションにしても、デリバリー技術だけでは、聞き手に届かないことがあります。それは相手が求める専門知識力や問題解決力に乏しいからです。そのためにも読書に興味を持ち、読書を楽しみ、読解力を高められる人材が一人でも多く出てほしいです。

|

« 信頼 | トップページ | ゆとり世代への処方箋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/49570479

この記事へのトラックバック一覧です: 読書力:

« 信頼 | トップページ | ゆとり世代への処方箋 »