« マナー違反は思考停止 | トップページ | 受講アンケート »

2010年8月23日 (月)

完全カスタマイズ

新しい研修課題が見つかり、ベンダーさんを呼んで、当方の課題と、要望を説明して、それに見合った研修プログラムを策定してもらうことがあります。ベンダーさんの窓口の営業の人の技量によっても、出来あがってくる提案に差が生じることは否めないのですが、ベンダーさんの会社自体の姿勢によることも多いと思います。

ベンダーさんの「会社自体の姿勢」というのは、その会社の考え方が、もともと、カスタマイズすることを「よし」としないのか、課題をヒアリングしている時から、素直に聴く姿勢に欠け、説明中に、議論を挟んできたりします。

ひどい時は、こちらの課題や要望をほとんど取り入れずに、自分たちの定番に近いカリキュラムで、項目の表現を変えただけ、とういうのもありますが、通常は、自分たちで基本となるプログラムに、こちらの要望を重ね合わせた内容の提案を受けます。ところが、実際の研修実施の段階では、要望したポイントは軽く扱われがちです。

なかなか分かってもらえないのですが、私たちは、現状の課題を改善したいから、研修をお願いするのです。研修によって、受講生に気付きを与え、明日から行動の変革を促したいのです。なのに、私たちの課題を真剣に受け止めてくれず、研修に反映しないのは、カスタマイズしてもらったとは言えません。

私たちが「出来あいのスーツ」を買い求めるときのように、裾直し程度で「イージーオーダー」といわれるのと同じことで、もし、ベンダーさんの方で、自分たちの定番(パッケージ)プログラムから、表現を変える程度で、お茶を濁されるのなら、それは「カスタマイズ」とはいえません。

「カスタマイズ」という意味を、真に受けないで、カスタマイズしたフリをされるなら、これからは、「完全カスタマイズ」をお願いします、といった方がよいのでしょうか?

|

« マナー違反は思考停止 | トップページ | 受講アンケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/49222460

この記事へのトラックバック一覧です: 完全カスタマイズ:

« マナー違反は思考停止 | トップページ | 受講アンケート »