« マナー講師の主婦ネタ | トップページ | 会社の強み、弱み »

2010年6月28日 (月)

女性専用車

最近、都内のJR線や地下鉄で、女性専用車が、従来のように、先頭の車両でなく、前から何両目かに設けられるようになりました。初めて女性専用車が設けられた時、うっかり乗り合わせてしまう男の人も多かったようです。一両目というのであれば、経験則として覚えやすいのですが、何両目かとなると間違えて乗り合わす人もいるのではないでしょうか?

先日、ある事業部の部長が、これに関して面白い話をしていました。女性専用車というのは、痴漢をする人が絶えないので、設けられたのですが、「電車で化粧をする女性は、女性専用車に乗るのだろうか?」という問いかけで始まりました。若い女性が人目をはばからず時間をかけて化粧をするのは、一般車では、よくみかける風景なのですが、彼女たちは女性専用車を選ぶのでしょうか?

答えは、一般車両、女性専用車両に関係なく、居あわせるようです。部長は、最近の理不尽な女性の云いがかり?を警戒するあまり、いつも両手を万歳して、つり革につかまっているそうなのですが、彼の話によると、電車でお化粧をする女性は「周りが見えていない」というより、彼女たちにとっては「周りは風景」としか映っていないというのです。

ですから、彼は、女性が化粧をし始めると、どのように仕上げるのか、ずっと見て楽しんでいるとのこと。皆さんは、そんなことをしていて、彼女と目があったら気まずいと思われるかも知れませんが、一度だって目があったことがないというのです。彼女にとっては、映っているのは、誰であろうと、単なる「風景」なのです。彼女たちは、見られることに、全く気付く様子がないからです。

そういえば、会社に中でも、浮ついたお世辞を云う人、報告書をだしても何の反応も示さない上司、生半可の返事をする先輩、などなど、相手の仕事ぶりに関心を示さない人がたくさんいます。その人たちも見えているのは「単なる風景」だけなのでしょうか?

|

« マナー講師の主婦ネタ | トップページ | 会社の強み、弱み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/48737763

この記事へのトラックバック一覧です: 女性専用車:

« マナー講師の主婦ネタ | トップページ | 会社の強み、弱み »