« 晴れた日に、傘を売る | トップページ | 顔立ちと顔つき »

2010年5月31日 (月)

講師の先生の自己開示

研修が始まるとき、講師の先生は、いきなり本題に入るのではなく、受講生の緊張を解す意味もあって、ご自分の経歴を、面白可笑しく紹介されたりします。専門的には「つかみ」というそうなのですが、短い時間で、受講生をひきつける技なのです。

ご自分のことは、あまり開示されない先生の、略歴紹介を聞いていると、ご自分を良く見せるための導入のようで、面白くも何でもありません。ご本人は、お気づきになっていないのでしょうが、良い学校を出たとか、良い会社で活躍したとか、他所で良い研修をしているとか、自慢話にしか聞こえないのです。

自己開示をされない先生は、その代わり、導入部分で、受講生の自己紹介ゲームなどを取り入れ、いろいろ工夫されています。アイスブレーキング技法といって、受講生の緊張を解す手法が、それぞれの研修機関で開発されてもいます。でも、それは、あくまでも技法であって、心を揺さぶるものではありません。

この前、外部で研修を受けた時の先生は、自己開示の天才のような人で、いきなり、上手くいかなかった話しから入り、失敗談のオンパレードでした。人は、他人の自慢話には聞く耳を持ちあわせていませんが、人の失敗談は喜んで聞こうとします。

それも単なる失敗談ではなく、どん底を味わい、それを乗り越えてきて、結果的に今日の自分がある、という点に結び付けておられるのです。それも自分一人の力ではなく、いろんな人に支えられ、いろんなラッキーに恵まれたからだと、言われるのです。

自己開示で失敗談のオンパレードが出来る人は、いまの自分に自信がある人だと思います。自己開示を避けて通る人は、いくら研修を上手くできても、受講生に感動や、気付きを与える事が少ないのではないでしょうか?

|

« 晴れた日に、傘を売る | トップページ | 顔立ちと顔つき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/48498572

この記事へのトラックバック一覧です: 講師の先生の自己開示:

« 晴れた日に、傘を売る | トップページ | 顔立ちと顔つき »