« ロールプレイング | トップページ | 無欲な若者 »

2010年4月26日 (月)

褒める、認める、肯定する

最近のコミュニケーションの研修では、先生方は、人を「褒める」ことを奨励されます。管理職研修でも「部下の褒め方」の演習まであります。このような研修を受けられた管理職の方が、職場に戻って、演習の成果を出そうとされても、急には出来そうにありません。

まず、褒め方の基準ですが、ひどい先生の場合は、「ネクタイが素敵だ」「スーツが似合っている」「笑顔が美しい」など、外見的な事しか言われません。これでは、外見を褒める要素が見当たらない場合は、褒めようがなくなりますし、褒められた本人が、その気でなければ表面上のお世辞にしか聞こえません。

ちょっと気のきいた先生になると、褒めるのは「外見ではなく、その人の行為」だと言われます。外見だけを褒めるのは、初対面ならまだしも、いつも顔を合わせている人に対しては通用しません。仕事の出来栄えや、お客様との応対ぶりなど、業務と関連したことを褒めるのです。

ただ、仕事ぶりを褒めるには、日ごろから褒める相手を、よく観察していなければ、その人の行為を褒める事ができません。外見しか褒められない人は、部下や同僚が、何をしているのか、興味のない人です。部下や同僚の仕事ぶりを認めていないからかも知れません。

ですから、「褒める」前に「認める」ことから始めなければなりません。日常の業務の中で、相手を「認める」ことがないのに、急に「褒める」ことはできません。強いて言えば、そのような上司は、部下の言う事を「肯定する」ことが少ないのではないでしょうか?せっかくの提案をしても、頭ごなしに否定してはいないでしょうか?

私見なのかもしれませんが、人を褒めるには、まず、「肯定する」ことから始め、その積み重ねが「認める」ことになり、「褒める」ことにつながるのだと思います。

|

« ロールプレイング | トップページ | 無欲な若者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/48180337

この記事へのトラックバック一覧です: 褒める、認める、肯定する:

« ロールプレイング | トップページ | 無欲な若者 »