« 若手社員は電話を取れ | トップページ | 自律型の人材育成 »

2010年2月15日 (月)

研修受講のキーワード

研修は、その場限りのものであってはならない、といわれますが、どんなにいい研修を受けても、その効果が長続きせず、エビングハウスの忘却曲線ではありませんが、日が経つにつれ、記憶は忘却の彼方へ行ってしまいがちです。

他社の研修担当に聞いても、研修効果を持続させるため、あれこれ工夫を凝らしているようです。たとえば、研修受講前に事前課題レポートを出してもらい、受講アンケートで課題解決の有無を問い、数ヵ月後に事後課題レポートを提出してもらう、いとった具合です。

このまえ、外部講師を招聘して実施したマネージャー研修の時、終了時に、先生が「きょう受講した研修の中で印象に残ったキーワード」をひとりひとりに発表させておられました。これは、全員の前での発表ですので、ある種のコミットメントになります。

これにヒントを得て、私たちの「受講アンケート」のフォーマットを今年から変更しました。従来は「期待した内容であったか」「受講内容は今後に生かせるか」などありふれた定番の質問が並んでいたのですが、新しく「この研修のキーワード(あなた自身が感じた言葉)を2つ記入し、その言葉を選んだ理由を記述して下さい。」を追加しました。

このことを紙に書くことにより、受講後に実行してもらうための「キーワード」を、少しでも長く記憶に残していただけるかな、と期待しています。

|

« 若手社員は電話を取れ | トップページ | 自律型の人材育成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/47563750

この記事へのトラックバック一覧です: 研修受講のキーワード:

« 若手社員は電話を取れ | トップページ | 自律型の人材育成 »