« 研修受講のキーワード | トップページ | ポパイ症候群 »

2010年2月22日 (月)

自律型の人材育成

2年目社員向け研修の時でした。この研修は、指示待ち人間から自律型人材へと成長を促すために、経営シミュレーション・ゲームを用いて、自律的な働き方を理解してもらうものですが、休憩時間に受講生の一人から、想定外のコメントがありました。

ご承知のとおり、自律型人材のキーワードは「主体性」「当事者意識」「自発・能動姿勢」なのですが、彼のコメントは、これらは、なにも自律的な働き方の作法というより、リーダーになる人の条件ではないかというのです。

私たちのマネージャー研修では、リーダーの役割とか、リーダーシップにおいて、実務スキルはもとより、論理的な思考力、指導・教育力、コミュニケーション能力、人に対する信頼など、多方面にわたり体得していただくことにしています。

ただ、これらについて、どんな良い研修を受講したとしても、彼がいうように、リーダーとして、もともと、「主体性」「当事者意識」「自発・能動姿勢」を持ち合わせていなければ、組織管理・業務遂行・人材育成といったリーダーの役割を果たせないのかも知れません。

政界のトップに対する信頼も、その人に「主体性」がなければ、あちこちに迎合する発言が多くなり、「ぶれている」とよく言われることです。また、当事者にあるまじき「人任せ」の発言も、上司として部下からの信頼をえることができず、口では結構いいことをいっても行動を伴わない「自発・能動姿勢」の無い人も、チームを引っ張っていくことはできません。

「率先垂範」ということは、言葉では理解していても、どれだけのマネージャーが「主体性」をもち、「当事者意識」もって「率先垂範」的な行動をおこしているのでしょうか?「自律型育成」なんて、かっこよいことを言う前に、リーダーとして己の自律性を問われてもいいのではないでしょうか。

|

« 研修受講のキーワード | トップページ | ポパイ症候群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/47625697

この記事へのトラックバック一覧です: 自律型の人材育成:

« 研修受講のキーワード | トップページ | ポパイ症候群 »