« あくびをした受講生 | トップページ | 講師の副業 »

2009年9月28日 (月)

講師の高齢化

弊社では全社的な研修は、私たち人事総務部門が担当していますが、営業部門など職能研修は、事業部ごとで行っています。先日、その営業部門の研修担当から聞いた話ですが、営業マンの研修で外部講師を招聘して実施しようとしているのですが、若い講師が見つからないというので困っている様子でした。

というのは、いままでお願いしてきた先生が高齢化したため、若い営業マンの研修では、どんなにいい内容であっても、あまりにも年齢に開きがあると、教えきれないことが多いというのです。具体的には入社4~5年までの若手となると、中途採用を含めても20後半~30代前半ですから、講師先生は、40代~50代前半までというのです。

理由は、年配の先生になると、ご自分の講義内容には日々磨きをかけられていて、内容的には全然問題ないのですが、いまの若者がどのような考え方でいるのか、どのような仕事ぶりなのか、価値観の違いはどこにあるのか、といったことに、あまり興味をもたれていない方が多いというより、「ご自分の若い時と同じ感覚」で受講生をとらえておられる節があるというのです。

彼のいう「年配の先生」といのは60代前後で、いままで業界で実績があるがゆえに、今日も研修をなさっているのです。その先生方も40、50のころは、若者のことも興味をもって対応されてこられたのでしょうが、60近くになると、どうも面倒になってくるかたが多いようです。早い話、その先生方に「ゆとり世代の若者を対象にした営業教育をお願いします」といえば、受けてくれる人は少ないといいます。

もっと問題は、その講師の先生が、ご自分が高齢化することで、そのプログラムができる若い先生を育ててこられていないのが現状です。やはり講師の先生は、このプログラムについては、自分が一番であり、いくつになっても一番でありつづけたいのでしょうか?それほどのこだわりがあればこそ、その年になるまで講師を張って来られたのでしょうか?

|

« あくびをした受講生 | トップページ | 講師の副業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/46328071

この記事へのトラックバック一覧です: 講師の高齢化:

« あくびをした受講生 | トップページ | 講師の副業 »