« 交換日記 | トップページ | 後出しじゃんけん »

2009年7月27日 (月)

若者の新聞離れ

先日、ソリューション提案営業の研修で、若い層の営業30名を対象に、外部の先生から「皆さんは新聞を読んでいますか?」という投げかけ質問がありました。答えは、毎日読む人が3~4人、ときどき読む人が10人位、残り約半数が、週に一度も新聞を読まない、ということでしょうか?

新聞を読まない人は、新聞社、テレビ局、ネットメディアのニュースサイトを見ているかも知れないのに、その答えを聞き出そうとはされませんでした。理由は、「ニュースサイトの一番の利用者は、新聞を毎日読んでいる人」というデータに裏付けされているとのことでした。

一般的に、毎日新聞を読む人は年配者に多く、週に一度も読まない人は若者に多いと言われていますが、ニュースサイトの利用となると、年齢に関係なく、毎日新聞を読む人のグループが一番高く、週に何度か新聞を読む人のグループは、ニュースサイトも時々しか見ない、とアメリカの調査会社の分析結果に載っていました。

その調査では、週に一度も新聞を読まない人は、ニュースサイトを毎日のように利用しているのですが、ニュースの深堀をするわけでもなく、単に「デジタルフォーマットを好んでいるだけ」と厳しいコメントがついていました。

先生のおっしゃる通り、新聞を毎日読まず、ニュースサイトのヘッドラインだけを見て、興味のあるものしか深堀して情報を得なければ、営業として、お客様と交わす世間話についていけても、これからの営業として「提案」や「ソリューション」を持ち込むことは難しいと思います。

業界紙を隅々まで目を通し、いま世の中で何が起きているのか、この業界に何が起ころうとしているのか、その情報をヒントに、お客様から問題点を聞き出すことができなければ、お客様も「一人前の営業さん」として評価をしてくれるわけがありません。

「若者の新聞離れ」と簡単に決めつけるのではなく、「若者のニュース離れ」にならないよう、先輩は指導していってもらいたいです。

|

« 交換日記 | トップページ | 後出しじゃんけん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/45751201

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の新聞離れ:

« 交換日記 | トップページ | 後出しじゃんけん »