« 面倒みるのが面倒 | トップページ | 3つの労働 »

2009年7月 6日 (月)

女の人の車内メイク

3年ほど前、新書版で「電車の中で化粧する女たち」という本を読んだことがあります。当時は「社内メイク」ですら抵抗がある私たちにとって「車内」でメイクする人の出現は驚きでしたが、この本はアンチテーゼとして、車内メイクを肯定するものでした。

いわく、女性たちが電車の中で化粧するようになったのは、単にプライベートとパブリックの区別がなくなったのではなく、化粧そのものが変わり、車中での自己表現であり、立派な趣味の一領域で、意のままに外見を操ることができるコスメフリートと位置づけられていました。

その後も、電車の中で化粧している人をちょくちょく見かけますが、当時から、その人口が増えているわけでなく、特殊な人たちとして見られているようです。それでも、最近のブログネタの一つになっていて、
拝見していると「上手に化粧するものだ」と感心する人、「私はできないので、する人は勝手」と興味のない人、「車内メイクは別になんとも思わないが、この人の勤務態度はどうなんだろう」と想像する人、など、様々です。

私が「社内メイク」にお目にかかる時は、通常の通勤の時間帯でなく、比較的遅い時間です。不思議と朝の早い時間帯のすいている電車では、この光景に出くわしません。思うに、「社内メイク」の人は、時間がなくて、車中で化粧するのではなく、習慣として行っているようです。会社の女性に聞いても「バイト感覚」で勤められる人たちじゃないの、とそっけない返事です。

そうすると、件のブログに参加している人も、結構、勤めが自由な人が多いのでしょうか?「社員研修COM」にアクセスしてくる人は、比較的、大手の企業の方が多いと聞いていますが、一度「女の人のメイクってどう思う?」といったアンケートをとっていただけると別の結果がでるのではないでしょうか。

|

« 面倒みるのが面倒 | トップページ | 3つの労働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/45547609

この記事へのトラックバック一覧です: 女の人の車内メイク:

« 面倒みるのが面倒 | トップページ | 3つの労働 »