« 板書の技術 | トップページ | 送り手と受け手 »

2009年6月 8日 (月)

ほめる

「人は誰もほめられて悪い気がしない」とは、よくコミュニケーション研修で、講師の先生が言われることですが、その具体的な「ほめ方」の演習となると、その研修会社によって違いがあり、中にはちょっと疑問に残るケースもあります。

本来、人を「ほめる」のは、人をやる気にさせたり、ミスがなくなることを期待して、相手に「信頼されている実感」を与えることだと思います。ですから、「事実に基づき」相手の優れているところを認め、言葉で伝えるべきで、事実でないことを、あたかもたたえているかのように言うことは「おだてる」ことになります。

研修会社の演習の例題が異なるというのは、「事実に基づき」ほめるのですが、ある会社の演習は「性格、容姿、センス」といった見た目をほめることしかしません。それは事実にもとづいているにしても、うわべだけのことで、その人の行為をよく観察して発せられる言葉ではないと思います。これでは相手に気に入られるように振る舞っているようなもので、「ほめる」のではなく「こびる」ことになります。

「ほめる」のは「行動をほめる」ことであってほしいです。別の研修会社さんは、ちゃんと「ほめる」の言葉の規定をしてから演習に入ってくれます。演習では、態度、取り組み姿勢、文書の書き方、話し方、決断能力などでの「行動をほめる」ことです。

この「ほめる」手法より「注意、しかる」手法の方が難しいと言われていますが、先の「うわべだけのほめ方」を続けていると、部下を注意したり、叱ることができなくなります。その場かぎりのお世辞めいた「ほめ方」をつづけていては、上司や部下の仕事ぶりを観察することが疎かになりがちになり、相手から見放される結果になるのです。

|

« 板書の技術 | トップページ | 送り手と受け手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/45266607

この記事へのトラックバック一覧です: ほめる:

« 板書の技術 | トップページ | 送り手と受け手 »