« 研修時のグループ分け | トップページ | エデュース »

2009年2月 2日 (月)

一人前

私たち教育研修担当は、新卒研修の段取りで、準備や手配に日夜追われています。それでも、辛いと思ったことは一度もないのは、「今年はどんな子が入ってくるのか」楽しみだからです。導入研修のあと、現場に配属された彼らが、何年か経ち「一人前」になったとき、何かの研修の機会に出くわすことがあります。そのとき、決まって彼らの方から声を掛けてくれて、「先輩!あの時は、お世話になり、有難うございました!」と言ってくれるのがうれしいのです。

もちろん、こちらもなぜか顔だけは覚えていて、言われてみると「そうだ、あの時の彼クンだ!」と思い出し、当時のことがよみがえってくる様です。それにしても、この「一人前」という言葉は、抽象的な表現ながら、誰もが使っていて、新卒の説明会でも、よく使われていますが、具体的には、どういう意味か、答えにくいのでないでしょうか?

最近の新卒社員の傾向として、モノの道理を「考える」ことなく、すぐ答えを「聴きたがる」というのがありましたが、この前の説明会のときも「一人前って、どのような状態をいうのですか?」という単的な質問を受けました。とっさのことでしたので「配属された部署から、何年か経って、他部署に異動できるのが一人前」と答えておきましたが、皆さんなら、どのようにお答えになるでしょうか?

他部署に移っても、すぐに新しい仕事に馴染むためには、ヒューマンスキルは不可欠ですし、テクニカルスキルも基本的なことは最低限度、前の部署で習得していることが必要な条件ではないでしょうか?

|

« 研修時のグループ分け | トップページ | エデュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/43926439

この記事へのトラックバック一覧です: 一人前:

« 研修時のグループ分け | トップページ | エデュース »