« バイトはマニュアル系 | トップページ | 一人前 »

2009年1月26日 (月)

研修時のグループ分け

研修会場の形式は、私たちは、スクール形式で、2人掛けを基本としています。社外で会場を借りる場合は、研修施設の情報が「スクール形式で○○名」と言っても、通常3人掛けで、収容人数が計算されていますので、レイアウト図があれば、2人掛けで計算するか、部屋の平米数で、必要な大きさを割り出します。

もちろん、グループ演習があれば、端から「グループ形式」の机の配列にするのではなく、講師の先生のご要望が「グループ形式」であっても、スタート時点では、当方の主催者の挨拶や連絡事項がありますので、「スクール形式」でセットしておいて途中で、「グループ形式」にレイアウト変更をします。

この前、営業所長研修のとき、この机の配置変更で、外部講師の先生の「変更の指示の仕方」で感心するものがありました。配置替えの前に、講師の先生は、スクール形式で着席している受講者を、アイスブレーキングよろしく、各自の仕事の進め方のスタイルを聞きだして、それでグループを決められました。論理的、感情的、命令型、支援型がマトリックスになっているものです。

グループ分けが決まったら、講師の先生は、ホワイトボードで、グループの配置レイアウトを図示すると同時に、説明するや否や「それでは、皆さんで協力して、配置替えをしてください。配置が終わればリーダーを決めて、チーム名を決めてください。時間は2分でお願いします!」といってストップウォッチを手にしたのです。30名を6グループに分けたのですが、1分40秒でした。

先生のコメントは、「さすが、皆さん優秀ですね。早いですよ。いままで経験したグループ分けの作業でも、かなり上位です。いままでの最高は、1分32秒というのがありましたが、皆さん、結構いい線、行ってますよ。」といって、楽しい講義が始まりました。私たちも納得の「グループ形式への移動」でした。

|

« バイトはマニュアル系 | トップページ | 一人前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/43856552

この記事へのトラックバック一覧です: 研修時のグループ分け:

« バイトはマニュアル系 | トップページ | 一人前 »