« 雑草という名の花はない | トップページ | プロの雄弁術 »

2008年9月29日 (月)

講師は落語家?それとも漫才師?

ご存知のとおり、落語家は落語を演じて視聴されることを職業としている人です。噺家(はなしか)は「落語家」の古い表現ですが、古典を演じる人は「噺家」と呼ぶ方がピンと来ます。その身分は「見習」「前座」「二つ目」「新打」からなりますが、この区分けがあるのは、東京だけで、上方では存在しないそうです。

いずれにしても、師匠と呼ばれる人に弟子入りをして、落語のネタを覚えて一人前になることから、研修の講師の先生は、よく「落語家」に似ているといわれます。特に、同じプログラムを同日実施で、複数の講師の先生を依頼した場合、同じテキストを使って、同じ語り口をされる講師の方もいらっしゃいます。

そこには、まるで物まねのように、カリキュラムが進行していくのですが、多くの場合、受講生の反応を読み取ることなく、型どおりの講義と実習が進められます。完成度の高いプログラムでは、まるで古典落語を聞いているように、上手な先生は、時間どおり、つつがなく、研修を終えられるのです。だから、講師の先生は、まるで落語家みたいだと、いわれるのです。

一方、漫才は、主に2人組で披露される演芸・話芸ですが、通常、ボケとツッコミの掛け合いの妙なので笑いを提供します。その役割分担も必ずしも固定的ではなく、達者とされるコンビほど、流れによって自然にボケとツッコミが入れ替わる展開をします。漫才師は、自分たちで作ったネタ、あるいは作家が書いた台本を繰り返し演じる中で、次第に練り上げ、自分たちに合ったスタイルの演目に仕上げていきます。ネタ通りに演じるだけでなく、相方の出方をみて、またお客の反応に合わせて、演じ方を変え工夫を重ねます。

ベテランの漫才師は、無限のバリエーションで臨機応変に演じます。それを「盗む」ことも、また、お客に飽きられないよう、普段から世の中の動きを研究し、ネタに取り入れる努力を強いられます。華やかな反面、実力勝負のきびしい世界です。漫才師は、生き残りを賭け、少しでも上を目指して奮闘します。その意味で、私は講師の先生は「漫才師」だと思うのです。

|

« 雑草という名の花はない | トップページ | プロの雄弁術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/42630184

この記事へのトラックバック一覧です: 講師は落語家?それとも漫才師?:

« 雑草という名の花はない | トップページ | プロの雄弁術 »