« 無駄な会議 | トップページ | 講師が受講生から学ぶ? »

2008年8月 4日 (月)

興味のない話

WEB検索が可能な時代というのに、若い人の中にも、仕事はもとより、プライベートにおいても、ごく限られた情報しか持ち合わせていない人が、たまにですが、見受けられます。そのような情報量の少ない人を観察していると、決まって「興味にない話に耳を傾けない」という特徴があるようです。

興味のない話は聞かないとういのは最悪で、興味がないからこそ耳を傾ければ、知識が増えるはずです。興味がないからこそ、逆にアドバイスができるのだと思うのです。自分の興味があるものだけに関心を示されるのは結構ですが、それでは、いつまでたっても、進歩がなく、他の人との会話に入っていけず、いつも間にか、ひとり取り残されてしますのです。

コミュニケーション不足が指摘される中、いくら研修でスキルを得る機会を提供されても、「興味がない話は聞かない」というスタンスであれば、その人にとっては研修それ自体が無駄だということでしょうか?

|

« 無駄な会議 | トップページ | 講師が受講生から学ぶ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/42145665

この記事へのトラックバック一覧です: 興味のない話:

« 無駄な会議 | トップページ | 講師が受講生から学ぶ? »