« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

凛とした年配の女性

先日、新宿から小田急線に乗っていたときのことでした。私が座っていた後部席の向かい側から、年配の女性が、私の隣に座っていた外国人に、何やら話しかけているのです。隣を振り向くと、彼はゲーム機をカチャカチャ弄っていました。その隣に通訳らしい人がいたのですが、その人は漫画本のようなものを読んでいて、素知らぬ顔でした。

彼女が急に声を大きくしたのは、彼が携帯電話を取りだした時でした。彼女は彼の携帯を指さして「NO」と言ったのです。そこで彼は、携帯をしまい込み、またゲームに夢中になりました。今度は、彼女は通訳の人に向って、「その席は、シルバーシートだから、やめるよういって頂戴。」と注意したのです。

考えてみると、私も同じシルバーシートに座っていたのです。さらに、その年配の女性は、今度は立ち上がったと見るや、私の近くのドアにもたれて携帯メールをしていた若い女性に話しかけて、「さっき、放送していたでしょ、シルバーシートの近くでは、携帯はやめなさい。世の中、甘えていてはだめよ。」と凛とした物の言い方で諭しました。

何もそこまでやらなくとも、というご意見もあるかもしれませんが、私たちは、このような光景に出合った時は、車内放送を無視して電話をしている人に対しても注意したりしなくなりました。
通話も含めて「携帯の使用はご遠慮ください。」というアナウンスは、いったい何なのでしょうか?
ただ、放送すればよいと思う車掌さん、ただ聞き流せばよいという私たち乗り合わせ客。いまはもう、「凛とした」生き方をする人はいなくなったのでしょうか?

ちなみに、その年配の女性は、町田で多くの人が降りて、シルバーシートでない真ん中の方の席が空いたとき、その外国人と通訳の人に、「あちらに席が空いたから、お移りになったらどう?」と、にこやかに話しかけたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

交渉ベタな交渉術の先生

先日、発注した交渉術の講師の先生と打ち合わせをしたときのことでした。この研修会社は一つのプログラムを担当する講師を多く抱えていて、かつ、テキスト、配布物、スライド画面、話し方、進め方が、どの講師も見事に統一されていて、講師の先生のキャラクター以外は、ほぼ同じです。

ですから、どの講師が担当されても、一定の評価レベルが確保できるので、安心なのですが、講師面談時で、私たちのスタッフの間で、この先生の場合は、ちょっと疑問に思えるキャラクターを露見されました。

交渉術の実習は、どの研修会社のものも、2人ずつペアになって交渉ゲームを進めて行くのですが、受講生の参加人数が偶数であることが要求されます。確かに奇数になると1人あぶれてしまいますので、その対応に苦慮することがあります。

もちろん、募集時には、できるだけ偶数になるようにして、参加人数をセットするのですが、当日、やんごとなき仕事の都合や、体調を崩して参加できない人がでると、当然、奇数になることがあります。そのような場合は、私たち事務局側のスタッフが、そのときだけ、数合わせに入ったり、講師の先生に相方になってもらうようにしています。

このことを説明するのに、この先生は、「この交渉術は2人づつでやりますので、参加者は偶数であることがMUSTです。」といわれるのです。そして、「これは、当社の方針ですので、奇数になった場合は、事務局の方が、終日(2日間も)相方を務めてください。」と、一方的な発言に、私たち打ち合わせに望んだスタッフはあきれ返ってしまいました。

というのは、この会社の交渉術の研修で教えているとが、双方が納得できる交渉(WIN―WIN)ができるように、相手のことを考えて話を進めることで、ご自分も、講義で、そのことを教える立場でありながら、それができていないからです。しかも、私たち全員が「引いてしまった」ことに気づかず、あっけにとらわれている私たちが見えないのか、同じことを繰り返し要求されるのです。

今回は、急にスケジュールが決まった研修で、営業の方に無理を言って、講師日程を確保してもらったいきさつがありますので、この先生でお願いすることになりますが、研修時に「この一方的な、相手に対する思いやりのない、一人よがり」のキャラクターが出ないことを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

講師が受講生から学ぶ?

日ごろ、「問題発見・問題解決力養成」研修でお世話になっている先生と個人的にお話しを伺う機会がありました。この先生は、ロジックの系の研修をやらせたら、右に出る人がいないと評判の方で、スキル・ツールの羅列だけに終わるのではなく、実際の業務と一気通貫した形で教えていただいています。

受講生はもとより、研修担当の私たちも、回を重ねるごとに、内容をより具体的な方向に持って行かれる先生に、教えられることが多いので、どのような気持ちで受講生に接しておられるのかを聞いてみました。

すると、意外や意外、通常、「受講生が講師から学ぶ」というのが研修といわれるが、講師は、「受講生から学ぶ」という姿勢がなければ、講師ではない、とおっしゃっていました。「教えてやっているのだ」という姿勢だけではなく、「受講生からも学ぶ」という態度は、「共に育つ」=共育=教育、なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

興味のない話

WEB検索が可能な時代というのに、若い人の中にも、仕事はもとより、プライベートにおいても、ごく限られた情報しか持ち合わせていない人が、たまにですが、見受けられます。そのような情報量の少ない人を観察していると、決まって「興味にない話に耳を傾けない」という特徴があるようです。

興味のない話は聞かないとういのは最悪で、興味がないからこそ耳を傾ければ、知識が増えるはずです。興味がないからこそ、逆にアドバイスができるのだと思うのです。自分の興味があるものだけに関心を示されるのは結構ですが、それでは、いつまでたっても、進歩がなく、他の人との会話に入っていけず、いつも間にか、ひとり取り残されてしますのです。

コミュニケーション不足が指摘される中、いくら研修でスキルを得る機会を提供されても、「興味がない話は聞かない」というスタンスであれば、その人にとっては研修それ自体が無駄だということでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »