« 誉め言葉の達人 | トップページ | 無駄な会議 »

2008年7月21日 (月)

会議の作法

会議で大切なことは、その会議で「どのような結論を出そうとしているのか」が、いつも、参加するメンバーに認識されていることです。

司会で大切なことは、「配分」だと思います。話題の配分、発言者の配分、時間の配分などで、「残るもの」がないようにしなくてはなりません。

討議で大切なことは、「自分の立場から主張すること」です。とくに、いちばん、そのことに精通しているという立場で、発言してほしいです。

まとめで、大切なことは、「対立」が明確になっていることです。対立の立場にしたがって、整理をすれば、全ぼうがわかりやすくなるはずです。

決定で大切なことは、「選ぶこと」。いちばん効果を大きくもたらすものか、いちばん損失を小さくするものの、どちらかを選べばよいのです。

なのに、どうして、「無駄な会議」が多いのでしょうか?

|

« 誉め言葉の達人 | トップページ | 無駄な会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/42040129

この記事へのトラックバック一覧です: 会議の作法:

« 誉め言葉の達人 | トップページ | 無駄な会議 »