« なぜ(-)×(-)=(+)なのか | トップページ | 面白くなければ研修ではない »

2008年6月 9日 (月)

同窓会は幸せな人の集まり?

久しぶりに学生時代のクラブのOB会に参加して来ました。学校を卒業した人の集まりや会社を辞めた人の集まりは、参加者の生き様に興味があるというか、一緒に過ごしていた頃のイメージと違った面がうかがえるので、できるだけ参加するようにしています。

私の好きな集まりは、集まって単に飲み食いして終わりというのでなく、現在、その分野で活躍している卒業生や、新しい仕事をしている人に講演をしてもらうという、参加者に飲み食い以外のものを用意してくれているタイプのもの好きです。

よく「同窓会やOB会にでてもつまらない」という人がいますが、なにか自分の殻に閉じこもったままでおられるような気がして、どうしてもっと前向きに、視野を広げて、新しいことを発見する喜びを見出すことをされないのか不思議です。

考えてみると、この種の集まりに参加してくる人は、「家族があり、仕事があり、健康でいる」と3つが揃っているから、こられるのかも知れません。きっと、十分は幸せだと感じているからこそ、人様の前に顔を出せるのだと思います。

学生時代に勉強した「サルトルの実存主義」の中に、「人間は、他人に話すために生きている」というのがありました。人に話すことの必要がなければ、いい仕事についたり、心を磨きこんだりすることもないのかも知れません。人に見られることがなければ、着飾ったり、家族と幸せにいることないのかも知れません。

|

« なぜ(-)×(-)=(+)なのか | トップページ | 面白くなければ研修ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/41504660

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会は幸せな人の集まり?:

« なぜ(-)×(-)=(+)なのか | トップページ | 面白くなければ研修ではない »