« 研修時の講師、営業、研担の役割 | トップページ | 学生と社会人の違い »

2008年2月25日 (月)

輪投げゲーム

先日、プロジェクト・リーダーシップ研修の中で、輪投げゲームが演習に取り入れられていて、びっくりしました。輪投げといっても普通の子どものおもちゃで、スタンド足1本と投げ輪が5個なのです。5人一組になって、グループごと横にならび、ひとり5回、ある一定の距離から投げ入れて、数を競うとい単純なゲームです。

面白いことに、1メートル離れたところから50センチずつ等間隔に距離が長くしてあり、誰がどこから投げるかをグループのリーダーが決めます。ですから一番近い距離の人は1メートルの至近距離から、一番遠い人は3.5メートルの離れたところから投げるわけです。

先生の話では、このゲームもプロジェクトと捉えて、メンバーの意向を反映させて、成果物を得るのですから、正にプロジェクト・リーダーシップが要求されると言うのです。誰が、その距離から投げるのを決めるのはリーダーの仕事であり、メンバーの意見を聞いたうえで決定して実行させなければなりません。

あなたがリーダーであれば、どうされますか?メンバーの中で、自信が無く成功がおぼつかない人を最初に持ってきて、この人なら成功率が高いと思われる人を最後にもってきますか?通常は、このパターンが多く、点数はチーム合計で10~12程度だそうです。もちろん全部いれれば25点満点です。

この会の最優秀チームの得点は、17点でした。講師の先生がリーダーに作戦を聞きますと、「自信のある人で、この人ならやってくれるだろうと、メンバー全員が一致した人」を最初(至近距離)に持ってきて、まったく自信の無い人を、入れば儲けものといって、プレッシャーから解放してあげる意味で最後(最長教理)に決めたと言うのです。

この作戦が当ったのか、最初の人が5本とも入れたものですから、チームは盛り上がり、次に投げる人も、気楽に投げ入れることができます。両隣をみると、逆に自信の無い人をトップに持ってきたのか、この至近距離でもはずしていて、チームの士気は下がっているようです。このチームで最後に投げた自信の無かった人も、余裕をもって投げることができて、1本ですが貢献したのです。

リーダーとして、全員をよく観察して、話し合い、決めたことを実行するにあたり、モチベーションを保ち、結果を出す。たかが輪投げですが、考えさせられました。

|

« 研修時の講師、営業、研担の役割 | トップページ | 学生と社会人の違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/40260180

この記事へのトラックバック一覧です: 輪投げゲーム:

« 研修時の講師、営業、研担の役割 | トップページ | 学生と社会人の違い »