« アサーショントレーニング | トップページ | プロジェクト・リーダーシップ »

2008年1月21日 (月)

OJTリーダー

新入社員のOJTでは、所属長から中堅クラスの先輩社員が委任させ、OJTリーダーとして指導に当っています。私たちはOJTリーダーとともに、OJTの計画書を作る前に、所属長と基本的な方針をしっかり確認しておく必要があるのですが、実際のところ「忙しい」を理由に、現場任せになっているのが現状です。

OJTによって新人が成長しているのか、指導に当っているOJTリーダー自身も成長しているのか、OJTが効果的に機能しているのか、どのプロセスがうまくいっていないのか、など私たちも把握しないといけないのですが、すべてOJTリーダー任せになっています。

いくら良い人材を確保して、良い研修を実施しても、最終的には現場で人を育成する風土が根づいているかどうかにかかっているのですが、現状では、上司は、新人に対してどのように教育していけばよいのかわからず困っていると聞くところをみると、新人も自分がこの会社で成長できるのか、教えてもらえるのか、少なからず不安を持っていると思います。

私の友人の会社では、新卒の採用が10名前後なのですが、これに一人ひとり、OJTトレーナーをつけているとのこと、うらやましい限りです。それでも外部から講師を招聘して、OJTトレーナー(メンター)研修を実施するといっていました。

|

« アサーショントレーニング | トップページ | プロジェクト・リーダーシップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/17867034

この記事へのトラックバック一覧です: OJTリーダー:

« アサーショントレーニング | トップページ | プロジェクト・リーダーシップ »