« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月24日 (月)

ハケンの品格

最近は「国家の品格」「女性の品格」など「品格もの」がよく読まれるようになりましたが、「ハケンの品格」も今年1月から3月にかけてテレビで放映され、派遣の方はもとより、派遣を受け入れている会社の方の支持を得たのか聴衆率は常時20パーセントを記録した人気ドラマでした。

ドラマのストーリーは、派遣社員として特Aランクを受ける大前春子(篠原涼子)が、社内の人間関係に追われつつも、与えられたノルマを淡々とこなすが、契約した事以外はしない。配属部署以外の部署の業務の手伝いは一切せず、役職者であっても直属の上司でなければ命令に従わない。休日出勤もしない、残業も一切しない彼女に、周囲はふりまわされつつも、徐々に認め始めるといったものです。

ここまでする「スーパー派遣」はいらっしゃらないと思うのですが、私は、彼女の所属部署の上司の上司で、営業部長の桐島敏郎(松方弘樹)の役柄に興味を持ってみていました。かって総務部に派遣として来ていた彼女を営業部に呼び寄せた張本人ですが、時折オドオドした態度をみせるが概ね気さくな態度で部下に接していて、明るく部下からしたわれるよき上司です。

派遣社員の能力を認めるだけの度量と能力があり、会社組織を維持するために派遣社員と正社員を明確に区別する確固たる信念をも持ち、社員と派遣の区別がつけられない部下を一度は切り捨てる冷徹な面も持ち合わせる、いわば「スーパー上司」です。

わが社でも接客部署やコールセンターは、ほとんどが派遣で構成されていて、単なる応対のスキルを教えるだけでは上司は務まらなくなっています。能力的には派遣の方が優秀であったり、時には気遣いが必要であったりします。「会社は家族」とまでは言いませんが、わが子を愛情をもって叱り飛ばせるような上司の存在が望まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

講師コメント

外部研修機関に講師派遣をお願いしている研修では、その研修機関を通じて講師コメントを書面でいただいています。書面といえば、皆さんも「研修実施報告書」を想定されるかも知れませんが、私たちの場合は、「受講生の印象」「よかった点」「よくなかった点」「改善すべき点」「その他」の項目でご記入をお願いしています。

もちろん、研修終了時にアンケートを取って、その場で回収してから、講師の先生にもお見せしています。その時に、先生のコメントを口頭でいただくこともありますが、先生も私たち事務局も後片付けに追われていることもあり、非常に大雑把なものになりがちです。

後日いただく「講師コメント」は、たいてい「よかったこと」しか書かれていませんが、私たちが欲しいのは「改善すべき点」の項目です。もちろん講師の先生ご自身の次回に向けての改善点もありますが、私たち受講生に対する改善要望など、辛口のコメントは有難いです。

また、「受講生の印象」でも、他社の受講生と比べてどうだったかを、私たちの社風というか、風土にまで疑問を呈していただけると、なおうれしいです。というのは、自分たちは他社のことがわかりませんから、よそ様に比べてこんなところが問題なのだと、認識することができるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

KY

KYといえは、わが社では「危険予知」のこととおっしゃる企業もありますが、ここでは、「空気を読めない人」という意味で書いています。

自分中心で、相手かまわず、ところかまわず、相手の嫌がることをいって悦に入っている人もそうですが、ここで問題にしたいのは、講師の先生が、受講者の反応を無視して、研修をされる場合です。

古いおやじギャグに笑ってもらえないとき、何で笑わないのだ、それでは、これはどうだ、と古いギャグを連発する人もいます。講師の質問に対し、期待した答えが返ってこないと、その答えがでるまで、次から次へと他の人に同じ質問を繰り返したりもします。

せっかくいい講義をされているのに、もったいないなあ、と思うのですが、ご本人は、その講義自体が受講者に受け入れられていることも理解できていない様子で、余計なジョークを飛ばしたばかりに、盛り下がってしまうのです。それこそ、その場の空気が読めていないのでしょうか?

ひるがえって社内を見渡しても、会議でエクハラ発言や、相手を平気で中傷する人もKYで、よく観察していると、どうやらその人は、相手が嫌がることをいって、その反応を楽しんでいる節があります。そんな人に限って、KYの意味がわからないというか、自分はKYなんて関係ないと、どこ吹く風です。

きっとそのような人に、KYの意味を知らせても、何の関心も示さないことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »