« 泥かぶら | トップページ | 自分探しの転職 »

2007年10月15日 (月)

成りたい上司像

弊社がお世話になっている研修機関の営業の方に聞いたのですが、最近、管理職研修の要望が多いとのことです。それも、いままで実施していないからではなく、従来の研修内容を再検討せざるを得ず、数社に「新任管理職研修」と「部課長管理職研修」をセットでカリキュラムの提案を依頼してくるケースが目立つようです。

どうやら各企業とも、いままで自社の「求められる管理者像」に合わせてリーダーシップやマネジメント・スキルの研修を積み重ねてきたものの、昨今は、「管理者から見た部下」と「部下から見た管理者」のイメージにギャップが生じてきていて、「真の管理者像」が描けなくなったのでは、というのです。

確かに、部下である一般社員は、日頃から効率を求められ、残業も思うに任せず、就業時間内に与えられえた仕事をこなすのに四苦八苦で、上司といえば、世の中の変化に対応できず、上から求められることを、下に丸投げすることで、いまの地位を保っているように写るのです。だから「あんな上司になりたくない」のでしょう。

昔は、上司は「絶対」であり、創造力、判断力、統率力、すべてに秀でていて、他の追従を許さない存在で、部下の憧れであり、上に対しても折衝力があり、それでいて部下指導においても暖かさをもって接してくれるので、いつか「あのような上司になりたい」と思ったものでした。

皆さんの会社では、いまでも「成りたい上司像」は、健在なのでしょうか?

|

« 泥かぶら | トップページ | 自分探しの転職 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/16766267

この記事へのトラックバック一覧です: 成りたい上司像:

« 泥かぶら | トップページ | 自分探しの転職 »