« 成りたい上司像 | トップページ | プレゼン研修は学芸会? »

2007年10月22日 (月)

自分探しの転職

入社して3ヶ月も経たないうちに転職サイトに登録するという新入社員が増えているそうです。会社でやる仕事に興味や関心を覚えないから次を探そうとするのでしょうか。よく「若い人は辛抱が足りない」といわれますが、たった3ヶ月では、辛抱も何もありません。

弊社で「新入フォローアップ研修」に来る受講生と話していて感じることは、彼らはこの半年の間に、現場で揉まれてきて、少しは「自分がこう動くと、組織がこう動いて、社会にこう影響を与える」という仕組みに気づき始めているということです。

よく「自分探しの転職」といわれますが、それらの仕組みに気づかないまま、転職しても、また同じことの繰り返しで、いつまで経っても「自分にあった仕事」など見つかるわけがないと思います。

もう少し経つと、実績もついてきて、逆に、会社が自分の手足のように感じるようになり、仕事が楽しくなり始めます。少なくとも、このあたりまでは新卒を預かる上長は、彼らを見ていてあげて欲しいものです。

|

« 成りたい上司像 | トップページ | プレゼン研修は学芸会? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/16928163

この記事へのトラックバック一覧です: 自分探しの転職:

« 成りたい上司像 | トップページ | プレゼン研修は学芸会? »