« 大山参り | トップページ | セクハラ?エクハラ »

2007年9月10日 (月)

全体像を描けない人

特定分野について上司より詳しいだけで、自分は上司より仕事ができると勘違いする人がいます。そういう人は、目の前の仕事を完璧にこなそうとすることにこだわるあまり、全体を俯瞰して、絵を描くことができないようです。残念ながら、実は、優秀だといわれる人に多いようです。

定型的な仕事で必要とされる優秀さと、プロジェクトを成功に導く優秀さとは異なることすら、わからないようで、与えられたり、指示された仕事は無難にこなせても、枠組みをつくることは苦手のようです。ある事業部のトップに聞いた話ですが、そういった「全体像を描けない人」は「枠組み」の意味がわからないので、仕事を教えても無駄で、新卒入社のときに「枠組み」を教え込むべきだ、と注文をつけられました。

考えてみると、組織はあっても、上司は、仕事は俗人的に与えたくなるようで、逆に、「全体像を描ける人」には、どんどん、仕事や情報が集まってくるようです。経営者になったつもりで仕事をするように、とよく言われますが、全体を俯瞰できない人には、無理なことだと思います。

|

« 大山参り | トップページ | セクハラ?エクハラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/16417195

この記事へのトラックバック一覧です: 全体像を描けない人:

« 大山参り | トップページ | セクハラ?エクハラ »