« 研修参加の服装 | トップページ | 全体像を描けない人 »

2007年9月 3日 (月)

大山参り

きのう伊勢原の大山不動に行ってきました。今年に入り9回目です。ご存知のように、大山は雨降り(あぶり)神社が有名ですが、大山寺はその霊峰大山の中腹にあります。小田急「伊勢原」駅からバスで30分、そこから20分ほど、みやげもの屋さんが立ち並ぶ階段の多い小道を過ぎるとケーブルの乗り場に行き着きます。ケーブルの終点が「雨降り神社」ですが、大山不動はその中間駅になります。

江戸時代には、落語にも登場しますが「大山参り」といって下町であちこち講が組まれ、お伊勢参りとは行かずとも、江戸の庶民の人は、大山詣でを楽しみにしていたようです。そのころは、大山のいたるところに神社やお寺が存在していましたが、明治の神仏混合廃止の令により、大山=雨降り神社となり、大山寺は寂れた存在になりました。

ですから、ほとんどの方はケーブルの終点の雨降り神社を目指しますが、私は大山不動だけです。と、いっても特にお願い事をするわけでなく、ただただ今日あることを感謝するだけだけです。紅葉の頃になると、テレビなどで紹介された次の休日には、大勢の人が繰り出します。私は、そのときだけでなく、もう30年以上、毎月のように通っていて、もう200回は超えていると思います。

別に宗教がかったことではありませんが、妙なもので、最近は月に一度は、そこに行かないと何か落ち着かなくて、ついつい通ってしまいます。それでスッとして戻ってきて、新しい気持ちで明日を迎えられるのです。思うに私は、お不動さんに向かって「今日あることを感謝する」と同時に、口にださずとも、これからの自分のしようとしていることを自己宣言しに言っているのかも知れません。

|

« 研修参加の服装 | トップページ | 全体像を描けない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/16342090

この記事へのトラックバック一覧です: 大山参り:

« 研修参加の服装 | トップページ | 全体像を描けない人 »