« ワークライフバランス | トップページ | 外部施設での研修 »

2007年6月18日 (月)

講師の先生とプログラム

同じプログラムでも講師の先生によってずい分違う、いということをよく聞きます。大手の研修機関では、同じプログラムで複数の講師を用意されていて、公開セミナーでも日によって担当講師が変わったりします。また、講師を派遣していただいて、同じ日に、複数のクラスで、同じプログラムを実施する場合がそれに当ります。

当然、どなたかが、そのプログラムをお作りになったわけですから、その先生が一番いいのに違いありませんが、ご本人の日程がふさがっていたりすると、たとえ1回限りの研修であっても、別の講師の先生にお願いすることになります。

プレゼンテーションやネゴシエーションなどのコミュニケーション・スキルの研修では、講師の先生の経歴や資質にあまり影響をうけることはないので、講師訓練がしっかりしている機関では、講師が変わっても、内容や進め方が同じであれば、違和感はあまりありません。

問題は、リーダーシップの研修で、とくにスキルだけでなく「気づき」を盛り込んでいただく研修の場合です。代わりの先生ご本人は、何度かそのプログラムをかなされていれば、内容と手順を把握されていて、むしろ立て板に水を流すようにお話になり、とてもお上手に見えます。

でも、受講生の心を動かすには、なにか物足らない感じがするのは、私だけでしょうか?ご自分のプログラムなら、受講生に感動を与え、内容に共感を得て、体得したスキルを明日にも活かすのだという講師と受講生の一体感が生じるのですが、他人のプログラムを代わりになさる場合は、何をもって補われるのでしょうか?

|

« ワークライフバランス | トップページ | 外部施設での研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/15481561

この記事へのトラックバック一覧です: 講師の先生とプログラム:

« ワークライフバランス | トップページ | 外部施設での研修 »