« 研修のアウトソーシング | トップページ | 報・連・相 »

2007年5月28日 (月)

論理的プレゼンテーション

プレゼンテーション研修といえば、どのベンダーさんのプログラムにもリストアップされています。面白いことに、効果的なプレゼンテーションスキルとして、ジェスチャー、動作、アイコンタクトなどと、説得力の要素としての話し方とか、話の組み立て方など、ほとんどが似たり寄ったりです。

私からみれば、やや総花的になっていることと、どちらかというとプレゼンテーションの「企画・構成」というより、「見せ方・伝え方」に重点を置いているものが多いようです。ところが、私たちが求めているものは、「見せ方・伝え方」も大切なのですが、それ以上に「企画・構成」を中心としたプログラムなのです。

というのは、営業の人がお客様に説明するにしても、あるいは社内で提案を聞いてもらうにも、何をどのように話して、納得を得るかが問題で、パワーポイントの画面の美しさやデリバリー技術のうまさだけでは、決して相手の了承を得られないのです。

最近はパワーポイントのスライド作成技術を教える講座もありますが、それとて画面づくりに時間を割いても、一見すばらしいプレゼンテーションなのですが、「何をどのように、分かってもらいたいのか」が見えないかぎり意味がありません。

ベンダーさんの話では、受講者は自分では論理的に「企画・構成」ができていると思いがちで、あとは「見せ方・伝え方」だけとカン違いされているのか、どうしても「見せ方・伝え方」中心のプログラムになってくるようです。

「論理的」とはどういうことか、論理的思考を速習して、説得力のある論理構成をつくる実習をしてくれるプログラムを探しています。

|

« 研修のアウトソーシング | トップページ | 報・連・相 »

コメント

私もそう思います。ちょうど先日、プレゼントレーニングのデモをオブザーブしましたが、ジェスチャー、動作、話の展開方法など、プレゼンの枠組みについての講義をビデオの演習も含め、2日間で丁寧にやっていました。それはそれでいいのですが、実際問題として、セールスの最前線にいる人や、マネージャーがプレゼンスキルの見直しに2日間時間を割けるとは考えられず、若手社員の基本スキルアップという位置づけになってしまいます。ただ、その割にはちょっと高額なトレーニングなるので、なかなか導入が難しいです。今考えている解決策としては、教材内容をみると基本的な部分は自分が教えてもいいのかなと思えてきたので、枠組みの基本は社内で教えて、中身についての講義は、外部の研修の専門家にお願いすればいいのかなと考えています。

投稿: 大福まんじゅう | 2007年6月 3日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/15247246

この記事へのトラックバック一覧です: 論理的プレゼンテーション:

« 研修のアウトソーシング | トップページ | 報・連・相 »