« 『交渉』という言葉のイメージ | トップページ | 研修のアウトソーシング »

2007年5月14日 (月)

PMのヒューマンスキル

「プロジェクトの成否はリーダー次第」とは聞きなれた言葉ですが、CFTでいくつものプロジェクトを同時進行させる場合は、PM専門のリーダーというより、ひとりPMというか、いままでプロジェクトを担当したことがない人が、与えられた任務を全うするためCFTをこれから率いて行くことになります。

ここで問題になるのは、PMのテクニカルスキルは知識として充分理解していて自分の業務を遂行するには支障がないのですが、コミュニケーション等のヒューマンスキルが不足しているというので研修を依頼されるケースです。

いままで技術・開発部門の方々には、コミュニケーション・スキルの切り口で、チーム・ビルディング、コーチング、ファシリテーションといったリーダーシップ・マネジメントスキルの研修を実施してきたのですが、実際の業務に落とし込む段階では、これらの研修効果が発揮できていないのが現状です。

考えてみれば、テクニカルスキルとヒューマンスキルを別々にしているところに問題があるようで、PMであれば「プロジェクトの進行に合わせて、人の思考・行動特性の把握とそれに対応したチームビルディング・コーチング・ファシリテーション等の要素を盛り込んだ多くの実習で、体感的に習得できる」プログラムであればよいと思います。

ということで、いま「PMの各ステップや場面においてそれぞれのヒューマンスキルを合わせて理解・習得できる」プログラムを探しています。

|

« 『交渉』という言葉のイメージ | トップページ | 研修のアウトソーシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/15071133

この記事へのトラックバック一覧です: PMのヒューマンスキル:

« 『交渉』という言葉のイメージ | トップページ | 研修のアウトソーシング »