« 自己否定ができる人 | トップページ | HR(人事)リーダーシップセミナー »

2006年9月25日 (月)

長時間働くのはバカ?

いまの時代は仕事の効率が求められていて、やれ「時間管理」だとか「時間活用」とか、いかに効率よく仕事をするかといった研修がうけています。

だからといって、いやな仕事を人に押し付けて自分はやりやすい仕事ばかりして帳尻を合わす人がいますが感心したものではありません。この手の人の口ぐせは「長時間働くのはバカだ」といって、なんとか時間内でスマートに収めているだけで、仕事の量とか質とかは問題外のようです。

私個人の考え方を言わせてもらえば、仕事の量が多ければ多いほど、いかに効率よく仕事を仕切る結果として、仕事のスピードも早くなり、仕事の質も高くなるのです。とにかく若いうちは、目先で考えると不利なことでも、喜んで前向きに取り組んでいってほしいと思います。

研修機関のオープンコースで色んな会社の方とお話しする機会があるのですが、成長している会社ほど、一生懸命みんなバカみたいに夜遅くまで働いています。そういう経験を積み重ねることで何事も短時間で仕上げることに上手になっていくのでしょう。

仕事の量をこなしてきた人は、その仕事のスピード、質、ともに優れていて、仕事に対する基礎体力があります。「そんなことは分かっている」と答えるいまの若い人には、どのように説明すればよいのでしょうか?

|

« 自己否定ができる人 | トップページ | HR(人事)リーダーシップセミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/12025753

この記事へのトラックバック一覧です: 長時間働くのはバカ?:

« 自己否定ができる人 | トップページ | HR(人事)リーダーシップセミナー »